世界のお客様を相手にするハイヤーの仕事

ハイヤーを利用する人が求めるのは、一般の公共交通機関よりも快適な移動環境と、丁寧な接客態度です。ハイヤーの運転手は、運転技術が優れているだけではなく、おもてなしの気持ちを持って接客を行っています。挨拶、観光案内、細かいビジネスマナーなど、日頃から各会社がそれぞれスキルを高めて、快適に利用してもらえるよう努力しています。そのため、現在では利便性の高い移動手段としてよく利用されています。

ハイヤーは、ビジネスシーンでVIPを送迎するために成田空港や羽田空港へ向かうときや、視察などでさまざまな場所を見て周るときに利用すると、公共交通機関とは違ったサービスを堪能できます。ビジネスシーンだけでなく、冠婚葬祭、東京観光などのプライベートな利用でもハイヤーを利用することが可能です。

最近では外国人観光客やVIP向けに英語で対応できるスタッフの需要が高まっています。観光やビジネスで日本を訪れる外国人が増えていることと、日本がインバウンドに力を入れていることが背景として挙げられます。インバウンドは国土交通省が中心となり訪日外国人旅行者に対して様々なキャンペーンを打ち出しているもので、旅行会社などと一緒になって進めている事業です。国が主導している事業だからこそ観光客が押し寄せていて、移動をするときに贅沢な旅をしようとハイヤーを利用する傾向があります。

そのときに運転手が英語を話して対応することができれば、外国人も安心して日本の旅行を楽しめるようになります。日本へ旅行に訪れた際、日本語のみで案内が示されているところもまだまだ多く、外国人にとっては内容を理解できないケースがよくあります。ハイヤーの運転手は外国語を話せる人の割合が高いので、何か困ったことが起きた場合もスムーズに意思の疎通ができ、日本の各ポイントを満喫できるようになります。

運転手に優しく英語で対応してもらえると、旅行が楽しくなるだけでなく、日本人の接客スキルに感動する可能性も高くなります。感動してもらうためにどのような接客をすれば良いかを常に考えてサービスを提供しているハイヤーの会社は、多くの外国人から支持されていますし、自然と人気がある会社として成長をしています。

充実したサービスが求められるハイヤーだからこそ、言語だけでなく日本のおもてなし文化を伝える意味でも、会社が率先して講習や研修を行い、他社との差別化を図っています。日本人だけでなく世界中の方に安心して乗車してもらおうと取り組んでいる姿勢が、乗車する人に伝わって素敵な時間を過ごすことができます。