運転技術が求められるハイヤーの運転手

ハイヤーは、お客に気持ちよく目的地まで移動してもらうための交通手段ですが、今まで身近なイメージがあまり無かったためか、運転が好きな人はタクシーやバスの運転手を希望する人が多くいました。しかし最近では、ハイヤーの乗務員になって働きたいと思っている人も増えてきています。求人は、大手タクシー会社のハイヤー部門や、専門でサービスを提供している会社などで公開されています。 自分がどの会社のハイヤーに乗りたいか、そしていくら稼ぎたいかを明確にした上で求人に応募すれば、より楽しく仕事をすることができるでしょう。

タクシーもハイヤーも、目的地まで安全かつ快適に輸送するのが仕事です。異なるのは、ハイヤーの仕事は特定のお客の依頼を受けて走るという点です。タクシーももちろん予約などが可能ではありますが、ハイヤーは法人が定期的に契約していることも多いため、1度きりの輸送ではなく、決められた契約の中でお客を送迎するというイメージです。契約を交わしている以上、快適かつ迅速な走りはもちろん、より細かい対応が求められます。そのため、運転が好きである以外に、お客と接するのが苦にならない人が向いているでしょう。また、どんな要望にも応えられるように完璧に地理を覚えておく必要もあるため、向上心の高さが求められます。

ハイヤーの乗務員は、ただ運転できる技術だけではなく、常にお客に気持ちよく利用してもらうためにハイグレードなサービスを提供する必要があるため、普通自動車の第二種免許の取得が必須です。第一種免許に比べて、交通に対する知識や運転技術が高く、運転のプロフェッショナルと言えるでしょう。仕事では、道が分からなくて予定通りに到着できないといったことは許されません。また、タクシー以上の配慮や心配りが求められるなど、運転手の人間性も重要となります。いつでも笑顔を絶やさずお客とのコミュニケーションを大切にすることができる人は、相手を不快な気持ちにさせることなくいつでも安心して任せられる運転手として会社から重宝されますし、お客からの印象も良くなるでしょう。

高い志を持ってハイヤーの仕事と向き合おうという気持ちが強ければ、ベテラン乗務員から指導を受けて、将来的に一人前になれるはずです。先輩からは、お客との会話の中の受け答えの仕方や、お出迎えの方法など、一流の運転手になるための様々なノウハウを教えてもらえるでしょう。やりがいや自身の成長を感じる仕事に就きたいと思っている人に、おすすめの仕事です。